運営内規

サイトの運営

サイトは、本内規に則って運営する。

運営体制

サイトを運営するために、サイト管理責任者(1名、任期1年)、更新担当者(1ないし2名)、ウォッチャー(1名、毎月交代)を置く。 理事会は、会員の中からホームページ管理責任者を任命し、また、サイト管理責任者の推薦に基づき、更新担当者およびウォッチャーを決定する。 サイト管理責任者が理事である場合には、これに関わる仕事を理事の一環として考える。 サイト管理責任者は、更新担当者を兼ねることができる。 学会事務局に所属する者以外(理事の場合も含む)が更新担当者となる場合には、更新担当者に更新担当謝礼を行う。 更新担当謝礼の内容については理事会において決定する。

管理責任者の役割

サイト管理責任者は、サイト管理運営の全責任を負う。ただし、掲載情報については、各情報の掲載依頼者がその内容について責任を負う。 運営は、本内規および「サイト更新作業の流れ」に基づき、これを行う。 管理責任者は、掲載依頼に基づき無いよう審査を行うが、審査は本内規に則って行わなければならない。 更新担当者の役割 更新担当者は、管理責任者からの依頼に基づき、サイトの更新を行い、その結果を管理責任者に報告する。

ウォッチャーの役割

ウォッチャーは、担当となった月の月末までに、サイトの内容をチェックし、その結果を管理責任者へと報告する。

掲載内容

  1. 学会の紹介に関する内容
  2. 学会が主催(共催・協賛)する行事に関する内容
  3. 学会が発行する出版物に関する情報
  4. 学会に所属する研究会等に関する情報
  5. その他学会の活動に関する情報
  6. 学会の活動を公園する会社・団体等の名称に関する情報
  7. その他会員に利すると考えられる情報

掲載拒否

管理責任者は、以下の理由により、掲載を拒否することができる。

  1. 情報の内容が上記の掲載無いように当てはまらない場合
  2. 文章の表現が、学会に関係するものとして、また一般的なものとして、ふさわしくないと判断される場合
  3. 情報量が極端に多い場合
  4. コンピュータ等の不備により、一時的に更新が行えない場合
  5. 管理責任者または更新担当者の作業能力を超える状況にあるとき

改廃

本内規の改廃は、理事会において行う。

附則

本内規は、平成13年6月1日より施行する。