HOME > 研究会 > 研究会一覧 > 研究会詳細

研究会詳細

名称

画像保存研究会 (画像保存部会)

趣旨

日本においても、写真の記録的、芸術的価値はさらに広く一般に認識されるようになりました。それにともない画像保存に対する意識も様々な分野で高まってきたといえましょう。
一方で近年のデジタルエレクトロニクスによる画像記録・形成技術の発展には目覚しいものがあり、撮影という一次記録がデジタルプロセスにより行なわれることは、もはや一般的なこととなっています。
私たちが保存し伝承していくべき画像は、19世紀の歴史的写真から、最新の技術による記録まで広範囲にわたっていますが、本研究会では、これらに関連した幅広い内容をテーマとしております。

活動実績

本 画像保存研究会が1984年より毎年実施しております画像保存セミナーは,2013年第30回となりました。今後も毎年開催を続けます。

このページの「研究会便り」のPDFファイルには,過去から最新までの研究会開催案内をまとめてあります。本研究会の活動を知る資料としてご活用ください。【システム上タイトルが変更できません】

「研究会Webサイトへ」のリンク先には,「文化財写真の保存に関するガイドライン〜 デジタル画像保存の実情と課題 〜」を掲載しています。ご利用ください。

委員会

主査:上田 耕一郎 (東京工芸大)
会員:青木 直和(千葉大学)
会員:大関 勝久(名古屋大学)
会員:大西 弘幸(セイコーエプソン)
会員:大林 賢太郎(京都造形芸術大学)
会員:河野 純一(元コニカミノルタ)
会員:杉本 和俊(コダック)
会員:高橋 則英 (日本大学)
会員:谷 昭佳(東京大学史料編纂所)
会員:山口 孝子 (東京都写真美術館)
会員:吉田 成 (東京工芸大学)

研究会便り

研究会便りは、PDF形式でご覧頂けます。

参加について