HOME > ギャラリー > ギャラリー一覧 > ギャラリー詳細

ギャラリー詳細

画像からくり第41回 7つ道具の光学装置

 

Fig.2_コンパスの外観とルーペとしての使用(ルーペ枠にピントを合わせ撮影/遠方の拡大像にピントを合わせ撮影)

 この光学装置は,裏表に外径 35 mm の凸レンズが配置されていて,回転して引き出すことができる.Fig.2は,2枚の凸レンズを重ね,高い倍率のルーペとして使用している状態である.画面の上半分はコンパスとレンズ枠にピントを合わせた状態である.商品のパッケージに印刷された文字を拡大して観察している.また下半分では,遠方に拡大された像にピントを合わせ,コンパス・レンズ枠とパッケージが共に前ボケの状態になっている.
著者:桑山哲郎

前へ 次へ