HOME > ギャラリー > ギャラリー一覧 > ギャラリー詳細

ギャラリー詳細

画像からくり第40回 時計と光学系

 

Fig.3「アナログ プロジェクション クロック」の背面

驚いたことに,現代においても時計売り場で映写式の時計に出会うことがある.Fig.3,は,「アナログ プロジェクション クロック」(Analog Projection Clock)という商品名で販売されている商品の裏側である.単3電池1本を使用する,よく見かける正方形の時計モジュールが背面には見える.これはカバーを外した状態である.一方,ACアダプターからの電力供給により,白色LEDが文字盤を背後から照明する.映写レンズはピント調節範囲が広く,また全体は自由な角度に置くことができるので,屋内ならどの壁面でも,また天井や床面にピントを合わせて時刻を表示することができる.付属の赤,青,黄色の色フィルターを組み込むことで,映写された盤面の色を変え,気分を変えることができる.
著者:桑山哲郎

前へ 次へ