出版物詳細

改訂・写真工学の基礎---銀塩写真編

発行年:1998年
発行元:コロナ社
領価:16,000円
サイズ、ページ数:A5判   798 頁

本書は1979年に発行された銀塩写真の技術書「写真工学の基礎」の改訂版であり、初版発行から19年余りの間の技術進歩が纏められている。銀塩写真は、感光主体であるハロゲン化銀結晶と機能性有機化合物の多様性の組み合わせを基本としている。本書では、材料の多様性をフルに活用して飽和することなく進歩している銀塩写真技術を詳細に記している。本書は全8章からなり、47名のエキスパートによって執筆された。